奥田英朗。ナオミとカナコを読みました。

d0019916_1321560.jpg


奥田英朗先生の最新作。ナオミとカナコを読みました。
奥田先生と言えば、イン・ザ・プール、空中ブランコ、
町長選挙の伊良部先生シリーズがつとに有名で、面白い小説
を書く先生かと思えば、オリンピックの身代金などの本格
ミステリを書いたりする作風の広い先生です。

この作品は、ミステリ作品。
望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの直美。夫の酷い暴力に耐える
専業主婦の加奈子。三十歳を目前にして、受け入れがたい現実に追い
つめられた二人が下した究極の選択…。
「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」

これは素晴らしい出来です。奥田先生はさすがのプロ作家だと思います。
発端から中盤、終盤までぐいぐいひっぱっていかれます。
結末は、エンターテインメント小説としてはこうでなくては、という出来。
私は悪が栄える話が大好きなのです。勧善懲悪作品には惹かれません。
あっという間に読み終えてしまいました。素晴らしい出来の小説です。
英訳しても、という出来栄え。大変なおすすめです。




つぶやき ブログランキングへ

[PR]
by rodolfo1 | 2014-12-01 02:56 | 小説 | Comments(0)
<< ハスキー犬が赤ん坊と遊ぶ動画。 ミリオンダラーベイビー >>