帝国ホテル大阪。銀座久兵衛にお邪魔。後編。

さて、後編。握りを中継。店は満員です。
d0019916_7521244.jpg

この奥で焼き物とか下ごしらえをしています。おそらく10人ほど隠れていると
思います。
d0019916_7524325.jpg

さて、握り。まずは赤身から。
d0019916_756281.jpg

アオリイカ。塩とすだちで。
d0019916_7565023.jpg

北海道のバフンウニ。
d0019916_7572276.jpg

クルマエビをさっと炙ったもの。うちの連れは動くものが食べられないのです。
隣の方がエビの踊りを頼まれたのをみて、きゃあきゃあ言っておりましたら、
ちゃんと火を通したものを出してくれました。板さんやさしいです。
d0019916_758798.jpg

煮はまぐり。上にゆず皮をけずったものをあしらうところがこの店です。
d0019916_759419.jpg

こはだ。安定の仕事ぶりです。
d0019916_802427.jpg

本日の白眉。炙りトロにんにくのせです。まるでステーキでした。
d0019916_814153.jpg

みる貝。板さんから、「食べてみるがい?」というギャグが入りました。
この日はテーブル席も二席お客さんが入っていて、そっちの盛り込みやら
巻物やらを作りながら、私らともう一組の客をさばいて、なおこの余裕です。
d0019916_885763.jpg

余裕な板さん。
d0019916_841471.jpg

アナゴ。塩で。
d0019916_843460.jpg

魯山人の水鉢が展示してあります。
d0019916_85139.jpg

〆に入ります。納豆巻き。
d0019916_851161.jpg

ねぎとろ巻き。入るトロの量が半端ないです。そこは動画でどうぞ。
d0019916_855498.jpg

べったら。
d0019916_861613.jpg

この店の何が好きかと言えば、この店はどんな客にも分け隔てをしません。
これは銀座店でもニューオータニ店でもここでも同じです。たいていの有名店には
常連というものが居て、その隣にでも座ろうものなら、あからさまに差を見せつけ
られて、私ら新参者は肩身の狭い思いをします。大阪のイタリアンの有名店の
さらに有名な髭づらのシェフなどは、他の客そっちのけで、常連さんとずっと料理
しながらしゃべりまくっていました。あんたの唾の入った料理を食わせられる
こっちの身にもなれよな状態です。ここはそういうことを絶対しません。必要最低限
の会話のみですが、それでもちょろっとギャグを飛ばして客を楽しませてくれる
素晴らしい店であるのです。お金に余裕があって、江戸前の一流の寿司を楽しみたい
時にはぜひどうぞ。決して後悔はしないと思います。


ネギトロ巻きを実演。




[PR]
by rodolfo1 | 2015-04-06 02:48 | 寿司 | Comments(0)
<< ラ・ランテルナ・ディ・ジェノバ... 連れの誕生日前日。帝国ホテルの... >>