山本中学作「繋がる個体」を読みました。

山本中学作「繋がる個体」を読みました。
コミックモアイで第1巻が公開されているので多少ご覧ください。
d0019916_15354220.jpeg
d0019916_15355721.jpeg
d0019916_15362338.jpeg
d0019916_15363717.jpeg
d0019916_15365692.jpeg
d0019916_15371031.jpeg
d0019916_15371815.jpeg
つかみはOKですよね。この何とも可愛いJKココちゃんは何と
井口君に一目惚れしてしまうのです。何とか井口君を落とそうと、
あの手この手で奮闘するのですが、何と井口君はココの話に全く
乗ってきません。それもそのはず、井口君は、5年前にココちゃん
の姉、くるみと恋愛関係になりながら振られてしまい、それをまだ
引きずりながら彼女と未だに同じ職場で暮らしているという優柔不断
ぶりなのです。

ところで、くるみとココは、異父姉妹です。母親が離婚してココが生
まれるのですが、それとともに、くるみは母親たちとフェードアウト
し、別居します。くるみの中には、自分が身を引けば周りは丸く収ま
る、というネガティブ思考があり、それに囚われていたために結局井
口とも別れてしまったのです。ところが積極的なココの井口へのアプ
ローチを見て、自分のネガティブさに気づき、再び井口と繋がり直す
ことを決意します。

振られたココは、同級生の千原に思いを長年寄せられており、彼の思
いを受け入れ、同棲を始めます。その隣室に住んでいたのが大学の清
掃の仕事をしている変人原田でした。

原田は周囲との繋がりをあえて断ち切り、ミニマリスト生活を送って
います。その原田にココが近づき、天真爛漫なココに振り回されなが
らも次第にココに惹かれていき、千原とココの前にあえて立ち塞がる
ことで却って二人の繋がりを強めて行く結果となり、原田は身を引き
ます。

最後に彼は言います。「ごめんな、オッサンも久々に面白かったわ。」
彼もまた他人との繋がりを取り戻し、新たな職場でチャレンジを始め
るのです。漫画にしては素晴らしいストーリー展開でした。世の小説
家を名乗る方々たちは、この作品を読んで大いに啓発されるべきだと
思いました。

つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2017-01-21 02:03 | 漫画 | Comments(0)
<< 梓澤要作「井伊直虎 女にこそあ... 帰国。機内の様子。 >>