梓澤要作「井伊直虎 女にこそあれ次郎法師」を読みました。

d0019916_10531015.jpg
徳川四天王の一人にして、近江彦根藩初代藩主・井伊直政の養母であった祐
の生涯を、大量の資料の読み込みと共に描いた作品です。彼女は女だてらに
地頭職を数年勤めたという稀有な女性であります。

ただ、私はあまり伝記というものに重きを置きません。小説というのはやは
り劇的な創造を伴ってこそ面白いものであり、その点、この小説は、NHKの
大河ドラマの原作になった、という割には大変地味な物語です。

祐の実家は、何度もの大戦の末、今川氏に下ったいわゆる国衆です。領地は
あるものの、何かと言えば兵役を課され、過酷とも思える先陣を務めさせら
れた上に、今川の謀略により、とうとう世継ぎの男子全員が殺される、とい
う悲惨な目に逢わされます。そのため、幼少の頃の許嫁への思慕を貫くため
に尼になっていた祐が、井伊直虎と名乗って井伊家の頭領となり、地頭職を
継ぎます。

何かと言えば専横を働く家老と共に、その職を数年続けるのですが、折柄起
きた飢饉騒ぎに乗じられて今川家に地頭職を解任され、家老がその職を横取
りします。かくして無くなってしまった井伊家であるのですが、徳川と織田
の台頭によって今川氏が滅ぼされ、武田が上洛の気配を見せ始め、運命が動
き始めます。

直虎は、武田に就くか、織田徳川に就くか、という選択を迫られます。祐は
自ら動き、武田らに会い、最終的には養子である後の井伊直政を、徳川に臣
従させるのです。今川の姫であり、井伊家の親族でもあった、徳川家康の最
初の妻、築山殿と祐との若いころからの交流が、後の築山殿の悲惨な最期を
更に劇的に彩ります。

筆者にとっては渾身の一作だと思いますが、同じような境遇にあった真田家
があれだけの活躍をしたのに比べれば、ものすごく地味な話だと思いました。
なぜ井伊直政があのように徳川家で台頭したか、という理由が、直虎の苦労
のためであったとすれば、それなりに納得できるのですが、それにしても地
味な話でありすぎると思いました。一時期ほぼ絶版であったというのもよく
わかります。もしこの原作どおりに実写化したなら大河は大コケすることで
しょう。。。。


つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2017-01-22 02:07 | 小説 | Comments(0)
<< 2017年1月7日。俵屋旅館@... 山本中学作「繋がる個体」を読み... >>