レストラン・クレオールにお邪魔。

さて、ここをどうやって知ったかといえば、私の大嫌いな食べログで
見つけました。地域、料理ジャンルで検索し、値段で絞るわけです。
前回はいまいちでしたが、まあクリスマスイブに新地で食べられる店を直前に
なって検索できたのは、やはりあのサイトのお蔭です。使い方ですよね。要は。
d0019916_13281567.jpg
メニュー。いかにもイタリアンらしいと言えばらしいのかも知れませんが、
店名といい、パスタが最後に供されるところと言い、生粋のイタリアン
では無いだろうと思いましたね。
d0019916_13300881.jpg
グラスのシャンパンでかんぺ~。
d0019916_13313494.jpg
前菜。マッシュルームがパルミジャーノのケーク・サレに乗ったもの。
のっけからなかなかのお味でしたが、ケーク・サレはフレンチのような。。。
d0019916_13302562.jpg
メークインのスープ、冬トリュフ乗せ。実に香りの良いトリュフでした。
シェフの腕はなかなかのものです。
d0019916_13315875.jpg
ここから赤のグラスをもらう。いい色ですね。お味はやはりグラスの領域を出
ないものでしたが、そこは文句を言うところではない。
d0019916_13325360.jpg
原木椎茸と舞茸を熱いスープに漬けたもの。スープをまぶしていただく。
ごく普通。
d0019916_13340881.jpg
パン登場。オリーブオイルとバターも。フレンチとイタリアン半々というコンセプトですね。
d0019916_13345233.jpg
d0019916_13350150.jpg
帆立貝の料理。レモングラスの香りを移したオリーブオイルと有機
栽培の百合根と共に。うまいんですが、ありきたりですね。
d0019916_13362444.jpg
モッツァレラチーズのサラダ仕立て。料理の底にはチーズのホエーを
クリーム状に仕立てたものが敷かれています。すっぱくて連れには無理。
d0019916_13380102.jpg
うなぎのロースト。なかなかうまい。天然ものであるとか。蒸してから
表面を炙ってあります。トレビスと8年熟成のバルサミコ酢と共に。
d0019916_13391018.jpg
肉切りナイフ。ライオールやん。。。フレンチやん。。。
d0019916_13394019.jpg
d0019916_13394971.jpg
赤毛和牛、イチボの低温ロースト。大変うまかった。
d0019916_13402052.jpg
蝦夷鹿のラグーのスパゲッティーニ。アルデンテは無理でしたが、仕方
ない。この店の良いところは、パスタの量をここで聞いてくれるところ
でした。連れは堂々の100g。私は20g。これはほんとに良いサービスです。
お腹の具合を最後に調節できるのは他のいろんな店も見習っても良いの
ではないかと思いました。
d0019916_13423107.jpg
シャーベット。食べなかった。
d0019916_13425077.jpg
ココナツのプリン。ひとくち食べた連れが驚愕の表情になり、すすめてきます。
いや驚きました。あまりのうまさに全部食べました。この10年デザートなど
食べたことは無かったのですが、アラン・パッサールよりも上でした。
ものすごく甘味を控えてあって、ココナツの良い香りがします。
d0019916_07532001.jpg
これ東京で勝負できるでしょう。ただ、あくまでコースのデザートとして、
ですが。シェフの腕は大したものでした。食べログも決して馬鹿には出来ま
せん。これで¥8.000のコースです。安いですよね。でも高知では大変な高級店です。
にもかかわらず店は満席でした。大変良い店を発見できて大満足で帰りました。

つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2017-02-05 02:01 | 寿司以外の食べ物 | Comments(0)
<< 朝食@日航高知ホテル。 久々に高知へGO! >>