2017年2月、千成寿司にお邪魔。つまみ編その1。

このところ、あちこちにお邪魔していますが、どうも夕食が雑であります。
有馬温泉瑞苑でも、立て続けになれば飽きてしまいます。
というわけでこちらにお邪魔。絶対にうまいものを食べるには、北摂地域
ではここに限ります。阪急淡路、千成寿司にお邪魔。店外観。
d0019916_13460305.jpg
品書き。まあこれ以外にもいろいろ出るのがこの店の凄いところです。
d0019916_13463551.jpg
英語ぺらぺらの大将。まだ若いですが、真の天才です。
この頃は、漸く風格も備わってきつつあります。
d0019916_13472199.jpg
ここではシャンパン頼むことが多いです。ここは、ネットの原価で
大変うまいシャンパンを提供してくれます。この寿司屋がシャンパンを
出すことについていろいろ言う人がいるのはわかりますが、その人
たちは、値段について全くわかってないと思います。ここでシャンパン
を飲むのは、ほぼ家で飲んでるのと同じ価格で飲めるのは特筆するべき
でしょう。
d0019916_13495216.jpg
突き出しは必ず野菜。奥さんの意向なんだと思います。からし菜と数の子。
d0019916_13504161.jpg
青菜。大変うまい。たれにあらかじめ漬けてあるわけです。
d0019916_13511376.jpg
かんぺ~。
d0019916_13513067.jpg
つまみ。まずは蒸しあわび。実にうまい。
d0019916_13515851.jpg
淡路のたこ。味わい深い。
d0019916_13521966.jpg
生牡蠣。幸いあたりませんでした。
d0019916_13523999.jpg
いか。ねっとり。
d0019916_13525786.jpg
太刀魚。炙りと生。関西のネタですね。
d0019916_13532834.jpg
つづきます。




[PR]
by rodolfo1 | 2017-03-03 02:54 | 寿司 | Comments(0)
<< 2017年2月、千成寿司にお邪... 永井荷風作「墨東綺譚」を読みました。 >>