後編。リストランテ・ル・ミディ・ひらまつにお邪魔。

さて、後編。どこかで見たような器具がセットされますが、当然入って
いるものはコーヒーではありえません。後に動画でお見せしますが、上部
に入っているのは乾燥したポルチーニ茸です。下の部分にブイヨンが入って
いて、サイフォン仕立てでソースを仕上げる料理となっています。
d0019916_13470411.jpg
本日のフォアグラ料理。フォアグラのローストに、ポルチーニ茸
のブイヨンソース・サイフォン仕立てを掛けたもの。フォアグラ
の下には確か蓮根が敷いてあったかと。当然ソースも旨い。すべて
飲みほしました。
d0019916_13501444.jpg
本日の鮮魚。アマダイのサルタート。フランスの野生のアスパラソバージュ
添え。皮目を炙ったアマダイを、赤く焼けた石に野菜を乗せ、その上にアマ
ダイを乗せて石鍋で蒸し焼きにする、というイタリア人には到底思いつけな
い凝った料理です。ギャルソン君が目の前で料理してくれます。おいしい匂
いがぷんぷんします。赤コショウのソースがまたうまい。横に添えてある
のは芋と米のガレットがであり、このソースでほとびた米のテクスチャーが
たまらんうまさでした。
d0019916_13542006.jpg
さて、肉料理。黒毛和牛のロースト。山椒のクルート。赤ワインソース。
ま、これはそんなものかと。ステーキはやはりステーキ専門店で食べる
ものです。無理せずに牛肉の煮込みでも出してもらえると嬉しかったで
すね。
d0019916_13580496.jpg
さて、ここまでで一時間半です。うちらの限界が来ましたので
このあとのデザートは断ってエスプレッソで〆ました。
d0019916_13585035.jpg
大変結構ではありましたが、私らには時間がかかりすぎです。
でも、なかなかフレンチには行けない私らですので、私的には
なかなか良い店だったと思いました。では動画。
ソースをサイフォンで作る。

フォアグラにかける。


再訪はありませんが、大変良いレストランでした。待ち時間が気に
ならない方にはおすすめです。


[PR]
by rodolfo1 | 2017-06-15 02:03 | 寿司以外の食べ物 | Comments(0)
<< J・D・ヴァンス作「ヒルビリー... リストランテ・ル・ミディ・ひら... >>