握り編。すし宮川にお邪魔。

では握り編。この寿司屋の握りは破壊力抜群です。箸で食べるぎりぎりの固さです。当然手でいただきます。ぽんと目の前に置かれると、両端がくにっと下がります。名人芸です。従って食べると口の中でぱらっとほどけます。そうした寿司が世の中にある、ということは文献的には知ってはいましたが、食べたのは初めてでした。これは素晴らしい。さすがはミシュラン三ツ星です。きっと名にし負う銀座の鮨さいとうもこういう寿司屋なのでしょう。正直言いまして、ミシュラン三ツ星の店に入るのはここが初めてです。三ツ星の実力を思い知りました。
赤ムツ握り。世間の寿司屋であるなら別名ノドグロというこのネタは脂っこいために炙って供されます。時に生でこのネタを食べさせる店がありますが、ネタの仕入れに絶対の自信があるのでしょう。この店もそのひとつ。素晴らしいテクスチャーと香り。
d0019916_19500510.jpg
スミイカ。ただものではありませんね。
d0019916_19523588.jpg
アマダイ。普通は寿司ネタにはなりません。並々ならぬ目利きですね。素晴らしい旨さです。
d0019916_19531547.jpg
トロ柵漬け。柵ですよ。こたえられません。
d0019916_19542184.jpg
コハダ二枚付け。二枚、というところがいい仕事ですね。新子でなくても少しでも小さくというのが誠意が見えます。
d0019916_19551362.jpg
アジ、葱ソース。青味の魚は大好きです。
d0019916_19554728.jpg
カマス棒寿司。関西テイストですね。大変うまい。生姜梅紫蘇を添えて。凝っております。
d0019916_19565999.jpg
新物のイクラ。うまい。
d0019916_19585231.jpg
道東浜中のバフンウニ。甘い。海苔が散らしてあるところが景色ですね。
d0019916_19593466.jpg
車海老。ぷりぷり。
d0019916_20001404.jpg
アナゴ。安定の味ですね。
d0019916_20004678.jpg
カッパ巻き。
d0019916_20010589.jpg
シジミ味噌汁。
d0019916_20012830.jpg
カッパは彼女が巻きました。女性職人さん。
d0019916_20014884.jpg
卵で〆ました。
d0019916_20020481.jpg
これは素晴らしかった。是非再訪したいと思いました。ミシュランも見るところは見てますね。星三つと二つの差は歴然だったと思いました。


つぶやき ブログランキングへ


[PR]
by rodolfo1 | 2017-09-26 02:47 | 寿司 | Comments(0)
<< JRタワーホテル日航札幌。朝食。 札幌円山、すし宮川にお邪魔。 >>