2017年12月。○鮨@ハワイにお邪魔。

さて、三回目のハワイ〇鮨にお邪魔します。最初に訪問した時は、まるで札幌大丸店と変わらないネタ揃えでがっくり来たものですが、その後、店主の真価を知りまして、盛んに通うことになりました。なにせここはかのすし匠と違ってネタが日本直送です。従って毎回ネタが変わります。すし匠は三回行きまして毎回同じネタなので、今回予約が取れなかったこともあり、もう行かないだろうと思います。あとはここが頼りであります。よろしくお願いします。
d0019916_06025536.jpg
生ビールでかんぺ~。
d0019916_06050651.jpg
あて。まずは戸井の中トロ。
d0019916_06064369.jpg
お兄さんと大将。一回目の訪問ではお兄さんは全く機能されてませんでしたが、この日は大活躍です。しかも彼は英語が堪能です。まあネイティブレベルではありませんが、大概の魚の英名を述べられます。時々でたらめですが。何ですね。もう寿司屋では日本語で良くないですかね。ケルプ、と言う名前よりも昆布で通じると思います。金目鯛や穴子など英語で言っても通じないでしょう。
d0019916_06184602.jpg
九州かわはぎ。
d0019916_06192819.jpg
肝ポン酢で。
d0019916_06203317.jpg
白エビ素揚げ。
d0019916_06212801.jpg
コナアワビ、肝ソース。コナアワビも進化したものです。以前はアワビと言うよりサイズがトコブシでした。この肝ソースの味付けがまたたまらない。大した名店です。
d0019916_06233436.jpg
貝柱磯辺焼。手渡しで。
d0019916_06263340.jpg
北海道水タコ。塩で。以前はただの生タコでしたが、これはちょっと表面をタレで処理しています。うまい。
d0019916_06280417.jpg
ゲソ焼。ものすごく早く食べる私らに驚いて大将が気を使って出してくれました。
d0019916_06294523.jpg
キス天ぷら。出汁がうまい。
d0019916_06314284.jpg
かに、コハダ、鯛の酢の物。寿司屋が酢の物を出すのは大変珍しい。しかも酢の加減が素晴らしい。これだけ取れば京都の俵屋を凌駕しています。あそこのは酸っぱすぎる。。。
d0019916_06345666.jpg
握り編に続きます。


つぶやき ブログランキングへ


[PR]
by rodolfo1 | 2018-01-08 02:36 | 寿司 | Comments(0)
<< 握り編。2017年12月。○鮨... 2017年12月。ハワイカイカ... >>