握り編。京都、路地中ノにお邪魔。

さて、握り編。まずはコハダ昆布締め、北海道。
d0019916_13283687.jpg
明石の鯛。
d0019916_13285337.jpg
寿司シェフ。
d0019916_13290997.jpg
ケンサキイカ、キャビアのせ。長崎。
d0019916_13293392.jpg
塩水雲丹。ムラサキ。私はあまり塩水を評価しないのですが、これはなかなかうまかった。海苔を用いないところは見識ですね。塩水は普通の雲丹よりも味があっさりしていて香りが高いので、海苔は逆に合わないと思っています。
d0019916_13301033.jpg
カマトロ。京都。
d0019916_13315715.jpg
ここから焼酎。京都はなぜか焼酎の盛りが良い気がしますね。
d0019916_13323024.jpg
氷見の天然ブリ。京都の辛味大根と柚子のせ。大変うまい。香りが良い。
d0019916_13334075.jpg
ここで連れがギブアップ。酢飯が甘いと言うのです。なんでもここは千鳥酢を使っているのですが、飯は毎回炊きたてなので、なんなら赤酢に変えられるといいます。次回はそれで頼んでみようかと思いました。再びすき焼きを貰う。むしろすき焼きをお替りしたかったのではなかったですかね。
d0019916_13354084.jpg
そういう機転がきくところがこの店の長所だと思います。夜はコース料理が基本だが、個別注文を受けてもらえるとのことです。なかなか面白い店ですね。ちなみに私的には酢の味はこんなものだと思いました。なにせ関西人ですから。しかしこのネギ類が肉の中に巻きこんであるという趣向は素晴らしいですね。食べやすいし見場も良いし、実に良い。
d0019916_13370174.jpg
下関フグ九条ネギポン酢。実によろしい。
d0019916_13384541.jpg
富山の白海老。旬の魚ですね。
d0019916_13395680.jpg
蛤の土瓶蒸し。これも良い工夫です。このクラスの店だと松茸よりもこのほうが好みですね。
d0019916_13410342.jpg
サバ寿司。これは唯一よろしくなかった。ちと押しすぎて飯がつぶれていましたね。
d0019916_13421558.jpg
ノドグロ肝醤油。これも大変良い。
d0019916_13431181.jpg
明石の伝助アナゴで〆ました。
d0019916_13434638.jpg
正直私的にはもうすこしつまみで飲みたかったきらいはあったのですが、この店のコンセプトは素晴らしい。きっと流行ると思います。次回は赤酢でお願いしてみようかと思いました。デザート。
d0019916_13451655.jpg
ご馳走様でした。すき焼きを二人前食べた連れも再訪OKだと言っておりました。これで京都という所は隠れた肉大国です。以前連れが京都で食べたすき焼きは大変うまかったそうです。




[PR]
by rodolfo1 | 2018-02-22 02:36 | 寿司 | Comments(0)
<< 朝食、京都ブライトンホテル20... 京都の鮨屋、路地中ノにお邪魔。前編。 >>