辻村深月作「かがみの孤城」を読みました。

d0019916_19092041.jpg
2018年度本屋大賞受賞作、辻村深月作「かがみの孤城」を読みました。辻村作品
は随分久しぶりです。これは大変な物語でした。当初は良くある引きこもり青春
小説なのかと思って読み出したのですが、導入部は驚きのかたちを取っていました。

中学一年生のこころは、ある事件以来学校に行けなくなっています。無為の時間
を自宅でひそみ隠れながら暮らしていたこころでしたが、ある日驚きの経験をし
ます。突然目の前の鏡が光り出し、謎の城に連れ込まれるのです。そこにいたの
は怪しい狼の面を被った少女でした。

同じように鏡の城の中に居た、他の7人の中学生たちに向かって狼少女は驚くべき
事を告げます。来年の3月30日までに、隠された鍵を探し出したもの一人だけに、
一つの望みを叶える、と言うのです。7人それぞれに個室が与えられ、それぞれに
由縁のある調度が用意されて居ました。この城に来れるのは9時から17時まで。
それぞれの鏡はそれぞれ一人にしか使えません。

こころは気づきます。この7人全てが9時から17時まで学校に行っていないのだ
と。戸惑いながら、7人はそろそろと心を通わせ合います。しかし、お互いの秘密
の部分に土足で踏み込むような事は決してしません。7人の事情の謎。次第に明ら
かになる城の詳細とその謎。7人の多くが引きこもり生活を離脱しようと相談する
喜多嶋晶子先生の謎。3月30日が迫る中、全ての謎が一挙に明かされ、物語は驚愕
のクライマックスを迎えるのです。

子供を気遣う親の心と思いやり、追い詰められた子供を救おうとする教師の熱
意、いじめを巡る親子の葛藤などが物語の前半を中心に語られ、後半は謎解きミ
ステリ小説の形を取るこのユニークな小説は、救いを求める側が、人を救う事で
自らも救われると言う大切なテーマを内包する含蓄の深い物語でした。本屋大賞
は当然、もっと大きな賞を取っても当然な名作でありました。

[PR]
by rodolfo1 | 2018-04-15 02:30 | 小説 | Comments(0)
<< すしの下倉にお邪魔。少し早いが... 高槻新店開拓。「小料理酒場、じ... >>