柚月裕子作「孤狼の血」を読みました。

d0019916_19254885.jpg
警察小説、しかもノワールです。警察小説と言えば、横山秀夫先生ですが、柚月
先生もなかなか書かれるのですね。ただ、この小説は警察内部を描くのではな
く、むしろ広島近辺に跳梁するヤクザ組織をクローズアップさせているところが
特徴であります。

舞台は昭和63年の広島県呉原市。駆け出しの刑事、日岡秀一が上司大上のもとに
赴任するところから始まります。大上は抜群の実績を誇るベテラン刑事ですが、
ヤクザ組織との癒着を取り沙汰されてもいます。折から呉原市は任侠道を重んじ
る尾谷組と、新興の加古村組の抗争で、一触即発状態でした。加古村のケツモチ
は、五十会の会長五十会です。

そんな中、加古村組系列の呉原金融で経理担当の上早稲が行方不明になります。
この件に加古村組が関与していると踏んだ大上は、尾谷組若頭の一ノ瀬や、若い
頃からの馴染みでもある加古村組の兄弟組織、瀧井組の瀧井組長からの情報を元
に、加古村組を追い詰めていくのですが。。。。

大上は、なぜか初めから日岡に好意的です。日岡をさまざまに微妙な場所に連れ
回し、蘊蓄を語ります。大上に言わせれば、警察の仕事はヤクザを壊滅させる事
ではない、と言います。世の中からヤクザはいなくならない、と言うのです。
警察の役目は、ヤクザが堅気に迷惑をかけないよう監視する事で、あとはやりす
ぎたヤクザを潰すことだけだ、と言い切ります。

広島中のヤクザと差しで話せる大上は、現在の抗争を納めようと様々に働くので
すが、ヤクザもさるもの、マスコミや警察署長の権限を利用してまで大上の思惑
を裏切り、呉原市を我が物にしようと暗躍します。その陰謀に対峙する大上でし
たが。。。。。

大上は日岡にあるものを託します。清濁を併せ呑んだ大上のした事とは。。。。
小説の結末は驚くべきものでした。この小説にはほとんど隙というものがありま
せん。物語は怒濤の結末へと導かれ、さらに続編への期待を残して終わります。
現在のところ、柚月先生の最高傑作だと思いました。



[PR]
by rodolfo1 | 2018-04-28 02:41 | 小説 | Comments(0)
<< 再び高槻、小料理酒場 じょうに... 朝食。松籟の間。2018年4月... >>