再び高槻、小料理酒場 じょうにお邪魔。

最近うちの事業所は大変な人手不足です。アベノミクスが失敗だとか言う人は、最近の雇用事情が何もわかっていませんね。少なくともパートタイマー事情についてはアベノミクスは大成功と言ってよろしい。恐ろしいくらい時給が上がっているのに全く雇用がありません。おそらくパートタイマーさんは大手の事業所さんにみな囲い込まれているのでしょう。おかげで連れは大忙しです。このため、本日も外食。予想どおりまたまたここにお邪魔。
d0019916_15374936.jpg
だからと言って、ここが天下の名店だと言うわけでもないと思います。なにせ相客は先日と同じ。80歳台のご老人おひとりです。メニューにもあまり集客がうまくいってないところが透けて見えます。ともあれ生ビールでかんぺ~。
d0019916_15394570.jpg
突き出し。切り落としの魚の酢の物とカンパチの甘露煮。まあまあうまかった。
d0019916_15403215.jpg
連れの好物なので頼む。まあうまかった。つぶの刺身。
d0019916_15405715.jpg
焼酎。盛りが悪いが仕方がない。
d0019916_15411883.jpg
自家製いかの塩辛。なるほど自家製である。合成保存料の味がしないが、半解凍状態。まあ食中毒になるよりは良い。
d0019916_15420657.jpg
牛すじ土手焼き。甘い。
d0019916_15425163.jpg
これはうまかった。ホタテバター焼き。ニンニクチップとバターが絡んで良いお味。
d0019916_15432147.jpg
本日は予約で頼んだ名物ちゃんこ鍋。
d0019916_15435286.jpg
相変わらず〆のラーメンの画像を撮り忘れる。
d0019916_15442749.jpg
まあなんとか夕食になりました。



[PR]
by rodolfo1 | 2018-04-29 02:44 | 寿司以外の食べ物 | Comments(0)
<< 2018年4月、高槻カントリー... 柚月裕子作「孤狼の血」を読みました。 >>