京都二条、リストランテ野呂にお邪魔。

d0019916_10464814.jpg
こちらは京都在住の有名ブロガーさんが熱愛されるレストランです。もともとグランヴィア京都のイタリアンで働いていた野呂シェフが独立されて始められました。なんでも大した人気なんだとか。いかがなものでしょうか?アラカルトメニューがものすごく充実しているらしいですが、初めての店ではコースを頼むことにしています。7000円のコース。
d0019916_10495316.jpg
スプマンテでかんぺ〜。
d0019916_10505518.jpg
スイカと夏野菜の冷たいスープ。うん。良い店です。大変うまい。コースで頼むとこういうものが食べられるのが素晴らしい。カルトでスープを頼むのはありえない。
店内観。ウィスキーとか焼酎があるのが町の洋食屋的で親切です。
d0019916_10574794.jpg
前菜、季節の魚の食べ比べ。この店のシェフの魚の目利きは素晴らしいですね。生のボタンエビを関西で出す、というのは本当に珍しい。ただ、醤油とわさびで食べたいと思うのはいかにも爺さんになりましたね。もう少々火を入れてオリーブオイルと胡椒でいただきたかったかも。しかしコハダの火入れは無理ですな。12時方向から時計回りに、トリガイ、コハダ、タイラガイ、イサキ、真鯛とウニ、金目鯛、カンパチ、炙りカマス、真ん中が生ボタンエビ。この店の名物であるのには間違いない。この一皿だけで取材が来るレベル。
d0019916_10591764.jpg
香住の蟹のクリームコロッケと琵琶湖の小鮎フライ。洋食メニューですね。確かに小鮎は揚げた方が香りが立ってうまいかもしれません。私の体には合わないが。鮎の香りが大変良くします。
d0019916_11024422.jpg
白ワインをもらう。
d0019916_11040893.jpg
甲州ワインです。
d0019916_11053643.jpg
スパゲッティ。河北農園の賀茂茄子と新ものの釜揚げしらすトマトソース。イタリアンのシェフとしての仕事は十分ですね。うまい。
d0019916_11060326.jpg
魚料理、イトヨリのポワレ、クレソンのピュレとバルサミコ。山菜はこごみ。魚の火入れは高槻のトムテの方がうまいかも。
d0019916_11105109.jpg
フランス産幼鴨胸肉のロースト、夏野菜、ヤングコーンとアスパラと。玉ねぎのソースは実によかったが、ナイフが切れない。ここらも高槻のトムテの方が親切。
d0019916_11123667.jpg
デザート。梅酒のパンナコッタ。枇杷。さすがは元グランヴィア。大変美味かった。
d0019916_11144121.jpg
エスプレッソで〆ました、大変結構でした。再訪すると思います。
d0019916_11152939.jpg





[PR]
by rodolfo1 | 2018-06-13 02:08 | 寿司以外の食べ物 | Comments(0)
<< 朝食、ホテル日航プリンセス京都。 京都、ホテル日航プリンセス京都... >>