2017年 02月 03日 ( 1 )

ピエール・ルメートル作「傷だらけのカミーユ」を読みました。

d0019916_19172310.jpg
ピエール・ルメートル作「傷だらけのカミーユ」を読みました。
悲しみのイレーヌ」、「その女アレックス」に続く三部作の最終作です。
前2作でぼろぼろにされたカミーユ・ヴェルーヴェンがまたもや傷だらけに
されてしまう話です。あいかわらず冒頭からのつかみはOKです。
三日間でパリに起こる大事件を扱っています。第1日目、カミーユに出来た
新しい彼女であるアンヌ・フォレスティエは、パリで買い物に出かけた折に
武装強盗団に遭遇してしまいます。強盗団に襲われたアンヌは、瀕死の重傷を
負い、ようやくの事で助かり、病院に搬送されてしまいます。その知らせを受け
取ったカミーユは、事件の現場に乗り込み、本来担当するはずもないその事件に
勝手に割り込み、捜査を大々的に始めてしまいます。事件は、ヴァンサン・アフ
ネルという男の手口に一致しています。アフネル達を追うカミーユですが、驚い
た事に、強盗たちは、アンヌの命を付け狙い始めます。入院していた病院は襲わ
れ、アンヌはカミーユの手を借りて、ある所に匿われます。ところが、本来、知
り合いであるアンヌの捜査をカミーユが行うことは越権行為です。しかしカミー
ユは引き下がりません。強引に警察の権力を大々的に行使し、パリのあらゆる犯
罪者の巣窟をひっくり返しますが、結局強盗団の一員と思しき男の死体一つが挙
がっただけで、捜査は停滞してしまいます。ところが、秘密であった筈のアンヌ
の隠れ家が再び襲われ、アンヌは狙撃され、危うく撃ち殺されるところでした
が、警報装置が鳴ったために九死に一生を得たかに見えます。ところがこのあた
りから話に齟齬が出始めるのです。実はアンヌはアンヌ・フォレスティエではな
いことにカミーユは気付きます。アンヌ・フォレスティエは実在していません。
自分がはめられていたことにカミーユはようやく気付き、驚くべき人物に連絡を
取り、最も見たくなかったイレーヌ事件のファイルを改めてひもとき、真の犯人
に迫って行くのです。この作者さんは、まあおっかない話を書きますね。既にこ
のヴェルーヴェンシリーズ三作が、合本となって出版されているのは大変良いこ
とだと思います。日本での訳出は、第二作から行われた上にこの第二作の評判が
大変高かったために、他の二作品はあまり読まれていないのですが、それはもっ
たいない出来栄えです。
是非第一作よりお読みください。おすすめです。

つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2017-02-03 02:25 | 小説 | Comments(0)