2017年 02月 12日 ( 1 )

きりしま悠久の宿、一心。夕食。

お食事処は個室の体裁です。
d0019916_13444258.jpg
統一感がありませんが、いろいろと装飾されています。
d0019916_13450469.jpg
d0019916_13451384.jpg
灯りがともって外はなかなかの風情です。
d0019916_13453865.jpg
さてお食事。食前酒は地酒カクテル。なかなかうまい。
d0019916_13471224.jpg
前菜。椎茸の蟹味噌和え、青菜昆布和え(昆布がねっとりして
いて大変うまかったです。)シャドークイン(じゃがいも)チップ、
茶巾寿司、ちしゃとう生ハム巻き、子持ち昆布大名漬け、百合根金団。
d0019916_13494831.jpg
シャンドンのハーフボトルでかんぺ~。
d0019916_13503097.jpg
d0019916_13505522.jpg
菜園(特別な旅館専用の菜園で有機栽培したものとか)大根スープ。
鶏つくね丸、じゃが芋、人参。これはまじでうまかったです。
一体にこの旅館で出す野菜は大変うまい。
d0019916_13522730.jpg
近海の幸盛り合わせ。ひらめ、水タコ、イクラ、水イカ(青い
のはきゅうりがはさんでありました。触感が良い)かつを。
d0019916_13525359.jpg
造り醤油とゴマ油塩でいただきます。九州ではありますが、この頃
例の甘いお醤油はすっかり影を潜めていて大変ありがたい。
昔は醤油の小瓶を持参したものでありました。
d0019916_13550558.jpg
生山葵を擦っていただきます。香りが良い。
d0019916_13553114.jpg
焼き物。天然鰤照り焼き、生貝柱若狭焼、
蟹棒身、蓮根金平、菜の花辛子漬け、柚子ソース。
うまいですがな。
d0019916_13572179.jpg
黒毛和牛と黒豚の陶板焼き。これぐらいの量はやはり
食べたいですよね。季節の野菜を添えて。
d0019916_13583984.jpg
中身。
d0019916_13585571.jpg
これをにんにく醤油、天草の塩、卸山葵、かぼすでいただきます。
d0019916_13592788.jpg
酢の物。もずく酢、海老塩煮、白髪葱、レモン。
さっぱりとして大変良い。俵屋のはいつも凝りすぎだと思います。
d0019916_14005315.jpg
棚田米おむすび。大根味噌漬け、しじみ汁。
d0019916_14013137.jpg
水菓子、苺、メロン、熟柿、きなこラスク、大将李(鹿児島
で開発された赤いデコポンだそうです)。
d0019916_14022388.jpg
いやいや、なかなかの御馳走でした。湯布院の洗練と野趣には
及びませんが、それでなくても鹿児島にはうまいものが少ない
のに、よくここまでまとめたと思います。再訪ありです。


[PR]
by rodolfo1 | 2017-02-12 02:04 | 寿司以外の食べ物 | Comments(0)