2018年 07月 19日 ( 1 )

やっとの事で。すし宮川にお邪魔。

ミシュラン三つ星を持つこの店、すし宮川は、札幌の住宅街にある。そのためか割と予約が取りやすい。正直、私が予約を取れるミシュラン三つ星店はここだけです。2017年に愛用していた一幸などは全く予約が取れない。やはりススキノと言う良いロケーションのせいでしょう。しかし私らは二次会に行かないので、店主の愛想がとても良いこの店を大変気に入っているのです。店外観。
d0019916_10014301.jpg
店はこまめに補修しています。以前の画像を見てもらうとわかりますが、カウンターのひび割れを金で補修しておられましたが、今回はそのひび割れが全くありませんでした。こういう装飾をしているのはこの店しか知りません。店に愛着を持っておられるのですね。
d0019916_10043634.jpg
7時半の2回転目から。この後当然満席になります。
d0019916_10060573.jpg
瓶ビールでかんぺ〜。
d0019916_10064686.jpg
この店は一品目から全力投球です。毛ガニ冷製茶碗蒸し。実にうまい。上に乗っているのは蟹味噌。
d0019916_10082818.jpg
オコゼおろしポン酢。実にうまい。
d0019916_10093694.jpg
熊本焼き赤茄子雲丹乗せ。どこからこういうつまみを考え出すんですかね。割烹料理屋でもこういうものは出ないと思います。実にうまかった。彩りが実に美しい。
d0019916_10155248.jpg
ニシンわら焼きが出たが画像を撮り忘レる。北海道のネタですね。ニシンを刺身で出す店もありますが、正直ニシンは生で食べる食材ではない。このように加熱してこそのニシンであると思います。これもまた実にうまかった。
ここから私は麦焼酎水割り。北海道は焼酎の盛りが良い。
d0019916_10220871.jpg
仕事する店主。本当に良い人なんです。前の客は韓国人ですが、ネタの説明を一生懸命自ら拙い英語と店員さんのタブレットで行っておられました。
d0019916_10242059.jpg
蝦夷鮑肝たれ。これもまた実にうまかった。多分砂糖は入っていなかったと思うので、甘かったのは肝の甘さだったのでしょう。素晴らしい。鮑自体も大した品質でした。
d0019916_10255664.jpg
北海シマエビ、フルーツトマト、オクラ、そら豆、水ナス、ピュアホワイト生コーン和え。ほんとどこからこういう料理を考え付くんですかね、、、、素晴らしい出来でした。北海シマエビと言う食材は、北海道独自のネタですが、そううまいものでもない。甘味だけなら甘エビの方が甘いと思います。しかしこのエビにはこのエビにしかない旨味がある。それを理解して夏野菜で補うこの工夫は北海シマエビという素材を十二分に理解していなければ出来ない料理でしょう。店主さんは単なるすし職人ではなく、立派な料理人だと思います。素晴らしい。
d0019916_10393181.jpg

ここから握りに続きます。


[PR]
by rodolfo1 | 2018-07-19 02:43 | 寿司 | Comments(0)