<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

誕生日企画第一弾。千成寿司へお邪魔しました。

今月は私の誕生月ですので、誕生日をお祝いしてもらうわけです。
なにせ去年死にかけましたから、去年から考えれば一歳の誕生日と言って
良いです。
外観。
d0019916_13492820.jpg

まずシャンパン。
d0019916_13494811.jpg

かんぺー。
d0019916_1350193.jpg

突き出し。アメリカの松茸だそうで。
d0019916_13501915.jpg

ヒラメ。昆布締めと熟成もの。最近はこの熟成が良い味です。
ここはだいぶ食べログで叩かれた経緯があるのですが、批判を肯定して進歩した
という希有な店であります。確かに服装、熟成など、改善されています。
d0019916_13505748.jpg

あわび。大変柔らかいです。
d0019916_13515630.jpg

つぶ。
d0019916_135544100.jpg

ウニとイクラの小どんぶり。
d0019916_13522012.jpg

炙ったつまみ各種。サワラとかカツオとかサバとか。
d0019916_13524322.jpg

カツオのかまの炙り。
d0019916_13534935.jpg

海老の頭。
d0019916_1354402.jpg

レンコン炙り。
d0019916_1356377.jpg

そろそろ握り。小柱。
d0019916_13565440.jpg

イカ。
d0019916_13575190.jpg

カマスの押し鮨風。
d0019916_135801.jpg

海老。裏返しに握っています。
d0019916_13582997.jpg

マグロ。
d0019916_13585335.jpg


いやいや。大変素晴らしかったです。
またお邪魔します。


淡路。千成寿司




つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2014-10-31 02:47 | 寿司 | Comments(0)

私が見た、一つのおかしなバレエ

さて、本日はバレエ動画を一つ。
いやいや、そんな真面目なものではありません。素敵におかしなバレエです。
おもにメガネをかけたおねーさんが面白いことをします。
すべてが揃っていて初めて美しいバレエというものを面白く演出したものです。
誰かがいつもずれているのですね。
では、お楽しみください。
d0019916_17353080.png

d0019916_17354132.png

d0019916_17355397.png

d0019916_1736531.png

d0019916_17361575.png

d0019916_17365216.png


私が見た一つのおかしなバレエ。




つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2014-10-30 02:33 | 映画 演劇 TV アート 音楽 | Comments(0)

仁木英之 乾坤の児を読みました。

d0019916_17122370.jpg


みなさん仁木英之という作家さんをご存じでしょうか?
普通ご存じないでしょう。
wikipediaを見ると、以下のように記載されています。

仁木英之(にき ひでゆき、1973年4月17日 - )は日本の小説家。
大阪府生まれ。信州大学人文学部中国文学専攻卒業。2006年5月
、『夕陽の梨』で第12回学研歴史群像大賞最優秀賞受賞。同年8月、
『僕僕先生』で第18回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞し、同年
11月21日デビュー。『きゅうこん』で、2011年6月第一回キネティック
ノベル大賞審査員特別賞を受賞し、のちにその作品は『不死鬼譚
きゅうこん 千年少女』としてゲーム化された。

あまりご存じないと思います。特に映像化もされてませんし。
直木賞とも芥川賞ともおそらく無縁の存在と思います。
彼の僕僕先生という小説の大ファンです。

仁木先生は、無類の中国史好きです。小説に登場するのはみな中国古代の
人々ですが、しばしば史実に残っている人たちが登場します。
僕僕先生は、最近新刊が出ませんので、彼の最新のシリーズもの、千里伝を
読んでいました。その最終巻、乾坤の児を読み終わりまして、これが大した良い
出来ですのでご紹介。

千里伝とは、以下の4巻からなる中国古代史を扱った物語です。
『千里伝』 講談社、2009年10月27日 (2011年 文庫化)
『時輪の轍』 講談社、2010年10月27日 (2012年7月 文庫化)
『武神の賽』 講談社、2011年11月15日
『乾坤の児』 講談社、2012年11月15日

主人公は、中国唐代に生まれた少年です。有名な将軍の一族なのですが、
何故か5歳のままで成長が止まっております。しかし武術の達人です。
前半2巻は千里、というこの子が悪いことばっかりしております。

次第に成長を遂げ、最終巻乾坤の児では、神仙の力を借り、別れ別れになった
仲間を糾合して、悪の道士や古の煬帝たちと闘い、世に平和を取り戻す、という
希有壮大な物語の完結を見るわけです。

最終章、物語が完結したあとで、懸命に努力した後には、神仙たちとも絆が生ま
れる、という救いがもたらされます。大変おすすめです。ファンタジー好きな方
々には、僕僕先生シリーズとともにどうぞ。




つぶやき ブログランキングへ

[PR]
by rodolfo1 | 2014-10-29 02:00 | 小説 | Comments(0)

なんと!オーストラリアではキバタンと人間が交流できる。

なんと!オーストラリアのホテルはキバタンが遊びにやってくる!

なかなかオーストラリアらしく、野生動物と楽しく遊んでいるのですね。
こちらは、オーストラリアのホテルにキバタンたちがやってくる模様です。
d0019916_13203151.png

d0019916_1320406.png

キバタン登場、ちょっと人間が怖い模様です。

d0019916_1321628.png

Hand Feeding Wild Australian Parrots


こちらはオーストラリアの公園でキバタンが水を飲む動画です。
あ。そこのにーちゃん。水飲みたいねん。ここちょっとひねってんか。ここ。
d0019916_13224680.png

うんうん、そこそこ。
d0019916_13231872.png

あ、水出たわ、ありがとな。
d0019916_13233556.png

という感じの動画です。

One Smart Thirsty Bird

こんなのが公園にいるって可愛いですよね。


つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2014-10-28 02:17 | 世間話 | Comments(0)

神戸ポートピアホテルの聚景園へ行きました。

本日は勉強会で神戸にお邪魔しましたので、私の子供時代からのご贔屓、
三ノ宮の梅春園にお邪魔する予定にしていたら、日曜日はお休みだったのです。
どうしようかと考えておりましたが、結局会場の神戸ポートピアホテルの聚景園
にお邪魔することに決めました。最近の神戸の店はあまり知らないのであります。

行ってみるとまあまあ混んでいます。神戸は中華料理屋のレベルの大層高い
ところです。神戸の人が来るなら、ここはなかなか良いところに違いありませ
ん。日曜日は地元のお客さんが来る日ですからね。
We visited the Kobe because of my convention held at the portopiahotel Kobe.
d0019916_21133240.jpg

神戸空港。ここに国際空港を作る計画がちょっとだけあったのですね。
ここに出来ていれば、神戸は100年栄えたと思うのですが、地震で空港がどうなっ
たか考えるとちょっと怖い気もしますな。あの当時神戸に地震が来るなど、誰も予
想だにしていなかったでしょうからね。
d0019916_21135073.jpg

店構え。
Shukei-en the chinese cuisine.
d0019916_21163285.jpg

まずビール。アサヒのドライプレミアムで乾杯。
d0019916_2117616.jpg

神戸港が一望されます。
d0019916_21172624.jpg

地産地消コースを頼みました。
前菜盛り合わせ。豪華ですね。このあとが大変楽しみです。
丹波地鶏と神戸ビーフピリ辛煮の前菜。
spicy braised Tamba Jidori Chiken and Kobe beef
d0019916_21195178.jpg

ふかひれ姿煮と椎茸の煮込み。
Braised shark fin and shiitake mushuroom.
d0019916_21204660.jpg

ペキンダック。
peking duck.
d0019916_21214490.jpg

d0019916_21215822.jpg

鯛の切り身蒸し 大豆添え。
Steamed sea bream with soybeans.
d0019916_2123817.jpg

神戸ビーフのスモールステーキ風淡路玉葱とともに。
Kobe beef petit steak with Awaji onions.
d0019916_21281191.jpg

丹波産きのこと栗の三田米おこわ 蓮の葉包み。
Sanda rice,Tamba mushrooms and chestnuts steamed in lotus leaf.
d0019916_21293567.jpg

d0019916_21295169.jpg

黒豆甘煮、杏仁豆腐とフルーツ、お菓子。
Boiled black soybeans,almond jelly and Hyogo-grown fruit,sweets.
d0019916_21313456.jpg


いやいや、本格中華はコースで頼むに限ります。
カルトで頼むと三品くらいしか頼めませんね。実によかったです。おすすめです。
さすが神戸はレベルが高いですね。








つぶやき ブログランキングへ

[PR]
by rodolfo1 | 2014-10-27 02:08 | 寿司以外の食べ物 | Comments(0)

たった4分でトレーニング。タバタ式トレーニングをご紹介

NHKのアサイチでも取り上げられたらしいですね。
たった4分でできるタバタ式トレーニングをご紹介。
タバタ式トレーニングとは独立行政法人国立健康・栄養研究所の田端泉氏の
研究によるトレーニング法で、日本ではスピードスケートの清水宏保選手が取り
入れていたことで知られるトレーニングで日本よりも海外で有名であり、数多くの
アスリートのトレーニングに取り入れらている手法です。
このトレーニング法はいたってシンプルで、20秒間全力でトレーニング(このトレー
ニングというのは腕立てでも腿上げでも、どの動作でもOKです)をこなし、10秒
休憩してまた20秒間の全力トレーニングを繰り返してまた10秒休憩する…というのを
8セットこなすトレーニングで、有酸素運動能力、無酸素運動能力、心肺機能、
体脂肪燃焼、筋肥大などあらゆる面で効果のあるトレーニングになります。
d0019916_1733830.jpg

d0019916_1735586.jpg


では具体的な動画をアップします。
これはすごいですね。特に用意するものはあまりなく、たった4分のことですので、
やって損はないですよね。でも実際やってみると、ものすごくきついです。
初心者の方は4セット。中級者でも6セットくらいに抑えておいた方が賢明でしょう。
しばらく続けてみる予定です。


CrossFit Tabata




つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2014-10-26 02:01 | 筋トレ | Comments(0)

araki8823相変わらず

木曜恒例のaraki8823の日であります。
d0019916_15525631.jpg

前菜。
d0019916_1553846.jpg

鯛の昆布締め。鯛とヒラメは昆布締めに限りますね。
d0019916_15532317.jpg

イカ三升漬け。大変気に入っています。
d0019916_15533384.jpg

黒枝豆。この時期のが大変うまいですね。
d0019916_15534569.jpg

秋のてんぷら。茸と栗とさつまいも。
d0019916_1553562.jpg

松茸土瓶蒸し。中の魚がハモから鯛に変わっていました。
d0019916_1554575.jpg

相変わらず、手打ちそば。
d0019916_15543599.jpg

発展性がなくてどうもすみません。
日曜は所要で神戸に行きますので、久しぶりに梅春園にお邪魔する所存です。


つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2014-10-25 02:52 | 寿司以外の食べ物 | Comments(0)

高槻 赤樫鮨

昨日は、生まれて初めてくら寿司というところへ行こうかと計画して
おりました。連れは無類の寿司好きであるとともにラーメン好きで
あります。高槻に越してきてからは良いラーメン屋に巡り合うことは
ありませんでしたので、諦めていたのですが、何だかくら寿司では
ラーメンを注文できて、結構うまい、という評判でしたので、連れが
飲むのを我慢して車で行こう、という企画だったのです。
水曜日は英会話クラブに参加したので、私は4時半で終わります。
ならまた赤樫にお邪魔するかとなったわけです。
くら寿司はなかなか良いらしいですが、さすがに根室花まるのようなわけ
にはいかないだろうと思ったのです。それと店屋というものは2~3回
行かないとわからないものですから。
んでお邪魔。
d0019916_13244080.jpg

まず刺身。トロと鯛。
d0019916_13245947.jpg

しまあじ。
d0019916_1325284.jpg

イカとカツオ。
d0019916_13254791.jpg

ナマコを注文しました。好きなのですね。なかなか高槻では買えないです。
d0019916_132687.jpg

ここから握り。
ヒラメ。塩で、とかは全く考えてはらへんみたいですね。
d0019916_13265985.jpg

トロ。
d0019916_13272628.jpg

生車海老。
d0019916_13274518.jpg

アワビ。
d0019916_13394239.jpg

イクラとウニ。
d0019916_13281662.jpg

食べたりないので細巻きを注文するとえらいでかいのが。
納豆巻き。
d0019916_13285463.jpg

トロ鉄火。
d0019916_1329279.jpg


というわけで食べ終わりました。一流の寿司屋みたいにいくらでも出てくる、
という店ではありません。よくあるネタを揃えていて、それ以上その地域の
特別なネタを出す、ということはありません。まあ高槻には海も港も無いの
で無理ないですが。おつまみのメニューは大変豊富で、焼き松茸とかも揃っ
ていて、そこそこの値段です。居酒屋方面に進出している模様ですね。
焼酎や日本酒の品揃えはまあまあで、値段は大変お安いです。
魔王を700円で出す、というのは特筆するべきですね。
まあ焼酎の濃さは店が調節するのですが。
リピするかどうかは次回お邪魔するくら寿司次第でしょうか。
値段は安いです。いつも行く回転寿司の倍くらいですかね。
鮨処よしな仁の1/3くらいの額でした。
あと、仕事が早いのは素晴らしいです。二回行きましたが全く待ちません。
二代目が一緒に働いておられましたので、彼が鮨研究にいそしまれることを願
って止みません。
そうそう、ここは大阪府の鮨屋には珍しく、酢飯が甘くないです。
早い、安い、甘くない。これは貴重かもですね。次回はおまかせでなく
注文して食べようと思います。メニューに載っている以外のネタがないらしい
ことは、なんとなく理解しましたので。




つぶやき ブログランキングへ

[PR]
by rodolfo1 | 2014-10-24 02:20 | 寿司 | Comments(0)

萩尾 望都 イグアナの娘 を読みました。

d0019916_14451158.jpg



1992年5月に発行されたマンガです。萩尾望都先生の作品を初めて読みました。
母と娘の葛藤を書いたもので、母から嫌われる娘側の視点で書いたものとしては
約20年前にこれを書いたというのは、このジャンルのものとしては初めてに近い
のではないですかね。萩尾先生の勇気は素晴らしいですね。

今は普通の青年誌にも女流作家さんが掲載されていますが、この頃は珍しい
事でした。池田理代子先生と萩尾先生は、その頃初めて男子に読まれる女流漫画
家として認識されたのではないですかね。このマンガの完成度は素晴らしいで
す。そのまま小説化されてもちっともおかしくない出来です。
ずいぶん古いものなので、ネタバレしてもかまわないと思いますので
ネタ晴らししますが、嫌いな方はここで読むのをお止めください。

とある夫婦に初めての女の子が産まれます。
ところが、お母さんの目には、その娘が醜いイグアナにしか見えないのです。
ただ、写真ではただの女の子ですし、他人にも普通の女の子にしか見えない
のです。ただ、お母さんの目にだけはイグアナとしてしか見えません。
当然お母さんはイグアナの娘を嫌うわけです。

次に産まれた娘は普通の娘。ますます長女は嫌われるわけです。
ところが、最期に母親が亡くなってみると、長女の目には母親の死骸が
イグアナに見えたのです。お通夜の席で、長女は母親の夢を見ます。
ガラパゴス島に住む、とあるイグアナが魔法使いにお願いをするのです。
人間に恋したイグアナの娘が、人間の姿にして欲しいと言うのです。

魔法使いは言います。「王子様がおまえをイグアナだと気づいたら
お前のもとを去っていくよ。」娘は答えます。「わたし絶対気づかれない
わ。イグアナだったことなんて忘れて人間として生きるわ。」
その夢を見た長女が思うのです。幸福だった母は、自分が産まれたのを見て
どれだけ驚いたろう。正体を知られたくなかったのに、辛かったろう。
苦しかったろう。私を産んで愛せないのはどれだけ苦しかったろう。
こう言って彼女は母親を許すのです。よくできていますね。絵が大変美しく
描けていて、イグアナの娘の辛さが際立つ作品だと思います。


おすすめです。こういうものを気軽に買えるようになったのが電子書籍の
素晴らしいところではないかと思います。

[PR]
by rodolfo1 | 2014-10-23 02:35 | 漫画 | Comments(0)

唯川恵 手のひらの砂漠を読みました。

d0019916_1417216.jpg
初唯川作品です。誰からも勧められたことがありませんで、初めて読みました
が、これは大変素晴らしい作家さんだと思います。
唯川先生といえば、馳星周先生とお友達で、同じ軽井沢に在住し、かつてでっ
かいセントバーナードをお飼いになっていたという事で、男前の作家さんなの
かと思っていたのですが、これが驚く男前作家です。

作品はものすごい骨太です。最近の小説のテーマというのは現代小説であれば
たいがいDVか、イジメか、母娘の軋轢ものばかりなので、正直結末が暗く、読
むのがしんどい作品ばかりなのですが、これはDVを扱うものながら、他の作品
とは結末が全く違っています。大変爽快に思いました。

そこらへんについてはいろいろ異論もあるかと思いますが、こういう考えがあっ
ても悪くないと思います。大変なおすすめですので敢えてネタバレは避けます。
是非お読みになってください。



つぶやき ブログランキングへ

[PR]
by rodolfo1 | 2014-10-22 02:15 | 小説 | Comments(0)