<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

母親が死んだ話その3

さて、母親の死後、しばらくして兄からメールが来た。
きっちりやらかしてくれた。
なんでも訴訟騒ぎになっている、と言うのだ。
65歳で病院をやめた兄は、開業しようとしたのだった。開業コンサルに
申し込み、西宮の医院を買ってそこで開業しようとしたのだが、これが医療
法人だった。それを解散してそこの場所と装備を借りようとしたのだが、
医療法人を解散するのはなまなかなことではできない。とにかく昨年7月
に開業したかった兄は、その法人を買収して自分が理事長、父母を理事に
して、開業したのだが、その際の代金の支払いを巡って、相手に2000万円
の訴訟を起こされていた。お前にも相続が起これば支払い義務が発生して
しまうので、相続を放棄しろ、というメールをよこしたのだ。
そんな大事なことをたった2通のメールで言って寄越す相手の真意が全く
読めなかった。まだ相続をするともしないとも言っていないのだが、
初公判が2月9日にあるので、それまでに答弁書だかを出さねばならない
のだが、これに自分の名前が載る必要がある、というわけだ。困って
、以前離婚の時に世話になった弁護士を頼った。彼はちゃっちゃと仕事を
し、裁判所に申し立てれば、相続放棄の限界3か月までは、自分の名前を
答弁書に乗せる必要はない、と言ってくれた。その手続きが終わって
やれやれ、という所だ。ちなみに、その2000万の内訳は、父が1800万、
兄と母が100万ずつ、という兄にとってどこまでも勝手なものだった。
なんだ100万の話か、と安心したが、弁護士によれば、相手は取りやすい
ところから取るので、最悪2000万円の請求がうちに来るという話だった。
ちなみに遺言書が公開され、母は全てをを兄と父に残して、自分には一銭
も残さなかった。これから兄弟仲良く、という一言で遺言書を終わらせて
いた。兄弟仲良く。良く言えたもんだと思ったが、それがあの母親というもの
だと思った。しみじみと母親にはまったく愛されていなかった事を痛感した事件
だった。遺留分の額はいくらかを調べるべく、母親の銀行に預金額
の問い合わせを弁護士を通じて行った。続く。





つぶやき ブログランキングへ






[PR]
by rodolfo1 | 2016-12-31 02:37 | rodolfoの家族の話 | Comments(0)

母親が死んだ話その2。

さて、自分は大学を卒業したとたんに結婚した。子供もすぐに二人できた。
はじめのうち、連れは毎週子供を連れてうちの実家に帰省していた。
連れにもいろいろ思惑があったのだろうが、別に自分の意見は無く、
主に連れの意見で実家に毎週通っていた。ところが専業主婦であった
連れは、時々自分の母親に育児を手伝わせていたのだが、うちの実家にも
手伝いを要求した。芦屋から尼崎に現れた母親たちは、さんざん文句を
言いながらマンションの階段を上がって来、それが部屋に居た連れに
丸聞こえだった。それから母親達とは疎遠になった。
それやこれやで連れとは離婚になった。その顛末はまあ気が向いたら
また書くとして、離婚後すぐに再婚した自分は、新しい連れを連れて、
実家を訪問することにした。実家との仲を再構築しようとしたのだ。
月に一回ほど食事会をしていたのだが、初めのうちは自分の奢り、という
形で納得していたのだが、その後兄とゴルフや旅行を一緒にするように
なってから、だんだん兄の言動が鼻についてきた。とにかく徹頭徹尾
自分のことしか話さないのだ。しかも絶対に金を払わない。初めの
うちはこっちが誘っているのだからと黙って払っていたのだが、
だんだん我慢ができなくなった。兄とコミュニケーションを取るのは
不可能だと思った。食事会に兄を連れて来ないようにいくら言っても
ついてくる。しかも絶対に金を払わない。母親は兄がいないところでは
兄の愚痴ばかりだ。曰く、車の代金を母親に払わせるとか、自宅を建て
直して、兄が支払う、というので名義を兄に変更することに承諾した
ところ、少し現金を持ってきただけであとは母親に払わせたとか。
一時が万事その調子だ。兄の顔を見るとむかつくので、そこからは基本
再び疎遠にして、親には父の日と母の日のお花と、新しい連れがイクラ
を漬けた時だけ一パック送るだけの付き合いにした。そうやって何年も
過ごしていたのだった。

ところで、退院した母親を二度ほど自宅で見舞い、特にかわりばえも
しなかったので、正月はハワイに出掛けた。そうしたら、突然1月2日に
兄からメールが来て、一日に母親が亡くなった、と知らせてきたのだった。
あわてて帰国して通夜には間に合わなかったので、葬式には出掛けた。
弔問客は我々を入れてたった6人。しかも一人は通いのヘルパーだった。
いつものように仕事に来たところ、葬式をやっていたのだ、という。
来てみれば、兄貴は紺のスーツにまあ一応ネクタイは黒。靴下も紺。
父親は普通のブレザーに普通のネクタイという、ものすごく奇妙な
いでたちだった。そんな葬式の割にはものすごく豪華で、部屋中が
花で覆われていた。なんでも300万払ったそうだ。無駄な事をする
ものだと思った。式が終わり、坊主が最後のお経を上げに来ていたの
だが、兄は二階へ行ったきりさっぱり降りて来ない。やっと降りて
来たと思ったら、なんとジャージに着替えていた。この人はやっぱり
こういう人間なんだと思った。葬祭屋さんたちは、弟さんたちは
わざわざハワイから駆けつけたらしい、と小声で話していたが、ついぞ
兄からねぎらいの言葉もなく、まあ香典返しはしてきたものの、割り
切れない思いは忸怩として残ったのだった。







つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2016-12-30 02:34 | rodolfoの家族の話 | Comments(0)

母親が死んだ話その1

今年の1月1日に母親が亡くなった。昨年の10月に腸閉塞で入院したのが
始まりだった。鼻にイレウス管を入れられてそこから便を袋に流して
いるのを見た時はさすがに気の毒に思った。母親はかなり錯乱していて
こちらのことがわかるかわからないかといった状態だった。
原因は大腸がんだとわかり手術した。その二週間後に見舞いに行った
ときにはこっちに一言もなく退院していて、近くの実家に見舞いに行ったが、
どことなく不自然なものを感じたものの、まあ普通に暮らしていた。

この母親は自分にとっては多少の毒親の部類だった。長男だけを可愛がった
のだ。自分はほったらかしに近かった。自分が小さいころから母親は
父親の事業所に働きに出ていた。後に理解したのだが、けっこううまく
行っていたその事業所に母親が働きに行く理由は特に無かった。
当時は専業主婦があたりまえで、同じ業種の人たちの中で働いていたのは
うちの母親くらいのものだったらしい。
4時に夕食を済ませると母親は夜も仕事に行った。自分は6歳上の兄と
二人で親の帰りを待っていた。嫌だとは思ったが、当時は仕方の無い事と
あきらめていた。アメリカだったら両親は逮捕されている状況だ。

母親はとにかく兄を可愛がった。公立中学から神戸高校へ通い、成績も
まあまあでやることもまだまともだった。彼がおかしくなったのは大学受験
に失敗してからだ。母親のそれからずっと言っていた愚痴によると、大学紛争
があって、東大受験をするはずの人たちが京大に流れて来たから兄は落第
した、というのだ。その頃も今も、神戸高校から京大医学部へ行く、という
のはよほどの秀才でも難しい。当時は偏差値も無く、今のような予備校も
無かったので、通信教育の情報だけで行ける、と判断したようだ。その後の
体たらくを見れば、到底不可能だったのは明らかだ。
何故か兄は、少し遠い予備校へ通うのに、一人暮らしを選択した。
それが良くなかった。心を病んでしまったのだ。予備校に行かなくなり、
ひきこもっておかしなことをつぶやいていた。自分に手を挙げたことも
あったくらいだ。当時中学生だった自分は大変恐ろしかった。
精神科で薬をもらい、なんとか良くなってなんとか予備校へ通い、2~3年
浪人した後に私立の医学部に、二次募集という形でいわゆる裏口入学を
した。母親は、それはそれは喜んだ。兄は一留して、国家試験を一度しくじって
やっと医者になった。それから大学院に進んだが、何故かほとんどの私立大学
生が取れるはずの学位をとれなかった。あまり有名な病院では務まらず、
神戸大学医学部の客員になってやっと学位を取った(と本人は言っている。
真偽のほどは不明だ。)。かなりの回り道をした挙句に医療生協系の病院
の老健部門だかに10年つとめていた。結局結婚もせず子供も作らなかった。
ずっと親と同居していた。続く。





つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2016-12-29 02:36 | rodolfoの家族の話 | Comments(0)

イタリアンに続いて蕎麦屋へ。大幸庵玄にお邪魔。

大変結構なイタリアンを戴いたのですが、当然足りません。
こちらにお邪魔。土曜もやっているとは北新地にしては素晴らしい。
大幸庵、玄です。
d0019916_11465297.jpg
d0019916_11470093.jpg
ビールでかんぺ~。
d0019916_11471950.jpg
めにう。なかなかうまそうですね。
d0019916_11473502.jpg
d0019916_11475051.jpg
突き出し。胡麻豆腐とごぼう。
d0019916_11481275.jpg
葉わさびの漬け物。ひりっと辛い。
d0019916_11484428.jpg
たぬきそば。油揚げが熱い。いかにも大阪の蕎麦でしたね。
大変結構でした。連れは大満足でした。
d0019916_11492528.jpg
ごちそうさまでした。




[PR]
by rodolfo1 | 2016-12-28 02:57 | 寿司以外の食べ物 | Comments(0)

北新地 海櫻にお邪魔。

この頃は食べログというサイトを研究しています。
このサイトはもともと大嫌いでした。そもそもは、とある田舎の店の開店時間
は昼間だけ、と間違った情報がこのサイトに書かれていて、それは店にとって
たまったものではないだろうと訂正のメールを出しましたら、「適当な事を言
ってきて間違ってたらただではおかんよ」的な返事を寄越して腹が立った経緯
があったわけです。その後訂正されたところを見ると、まあお仕事はしておられ
るんだなとは思いました。そもそもどこの誰ともわからない、あるいは食レポ
に適さないかもしれない人物が、いろいろ店のことをあげつらっても、私らに
利することは少ないだろうと思います。自分がよく出入りする店への評価も、
なんでこんなことを言うのか、という論評があるのもよくあることです。
仕方がないですね。世の中にはグルメな人もいれば味音痴の人(10人に一人く
らいはいるらしいですね。)もいて、その人達が自分勝手な事をネットに上げる
わけです。明らかに商売目的の書き込みもあります。誹謗中傷も多いです。
ただ、このサイトにはほんとの情報も確かに入っています。たとえば客単価。
これは嘘ではない。最近は店を探すのに、客単価と評価の数で絞れば結構良い
店を探せるのがわかりまして、まあ便利に使っています。今回はその白眉。
うちの連れが、クリスマスイブにお友達と昼間に梅田で会う機会があり、ついで
だから梅田で食事をしたい、と言うのですね。そんなもん二週間前に予約取れる
はずがありません。しかし食べログの予約サイトを使うとこの店が取れました。
これはなかなかやりますね。というわけでお邪魔しました。
北新地海櫻。かつての名店、アルチェントロが発展した中の一軒の支店です。
d0019916_11340078.jpg
えらいおされですね。
d0019916_11341906.jpg
ドアサイドの席。まあ仕方がありませんね。一見ですもんね。
d0019916_11342925.jpg
まずはシャンパン。
d0019916_11361786.jpg
かんぺ~。Christmasといえば、クリスマスディナーコースしかないのかと
思いましたら、ちゃんと選べました。めでたい。
d0019916_11365978.jpg
蛸。牛スネ肉のボリート。菜の花と宮崎牛の煮物。なかなかうまい。
d0019916_11373249.jpg
明石の真鯛、カラスミ寄せ。マグロのキャビア乗せ。うまいやん。
つけあわせの野菜のお味が大変結構。
d0019916_11385140.jpg
伊勢赤鶏のスープ。滋味溢れる。白トリュフ乗せ。
d0019916_11402900.jpg
私の赤ワイン。濃ゆい赤。
d0019916_11405277.jpg
d0019916_11410420.jpg
d0019916_11411240.jpg
パン三種。
d0019916_11420220.jpg
松葉蟹のタリオリーニ。大変うまい。
d0019916_11423080.jpg
河豚とアワビの土鍋風。ここの名物料理のようですね。当然うまい。
d0019916_11431026.jpg
魚醤をつけて食べる趣向です。
d0019916_11434069.jpg
ステーキ。ソースがまたうまい。アンチョビと何かのソースでした。
d0019916_11441548.jpg
エスプレッソで〆ました。なかなかのお味でしたね。
d0019916_11444780.jpg
まあなんというか、フレンチの料理人がイタリアンの店を開きました、と
言う感じの店でした。それぞれの料理のお味は良く、素材も厳選してあって
大変結構だったのですが、何故この店がやられているのかよくわかりません。
料理を出す情熱よりも、うまく商売を回す意欲を強く感じるお店でありました。
まさに食べログ、というサイトを体現するお店だと思いました。




[PR]
by rodolfo1 | 2016-12-27 02:44 | 寿司以外の食べ物 | Comments(0)

椰月美智子作「かっこうの親、もずの子ども」を読みました。

d0019916_11051850.jpg
統子は、幼児誌の編集部で働くシングルマザーです。四歳の息子・智康は、夫の
希望もあって不妊治療の末に授かりましたが、夫が無精子症であったため、ドナ
ーの精液をもらって出来た子供でした。だからもずの子供、というタイトルなの
ですね。

夫の不可解な一言のために慄然となり、彼女たちは離婚に至ります。仕事上のト
ラブル、子どもの突然の病気、実母やママ友との関係など悩みはつきない中を懸
命に仕事と子育てに邁進する統子でした。全力の日々を送る中、とある雑誌の記
事に智康とそっくりの双子の少年を見かけた。それをきっかけに、親子で彼らの
暮らしているという五島列島の中通島へと向かうのですが…。

私はもう子育てを終えたせいか、こういう話にはどうも入っていけませんでし
た。智康君のルーツを求めてわざわざ五島まで小さい子供を連れて行く、という
ところがどうも腑に落ちません。何のために行ったんですかね。行ってどうする
つもりだったのかは物語の中にははっきり書いてありませんが、落としどころは
きれいに設定してあって話には無理はないです。

子育てを巡る軋轢についてはとても詳細に描写されていて、そのあたりは椰月先
さすがだなと思いましたが、いまいち納得できない話でありました。


[PR]
by rodolfo1 | 2016-12-26 02:09 | 小説 | Comments(0)

かごしま空港の彩華で夕食。

宮崎、大分と、空港の寿司屋は壊滅状態ですが、ここはそこそこです。
何よりぼったくらないのが大変よろしい。
まずビール。
d0019916_14160041.jpg
造り盛り合わせ。今日のオススメは活カンパチという事で、
確かになかなかの美味さでした。向かって一番左のがそうです。
d0019916_14170754.jpg
鮪ホルモン辛味噌炒め。一度バーナーで炙って出してくれます。
天下の名店か、と言われればそうでもないとしか言いようがない
のですが、手を抜くようなことはしない職人さんなのです。
d0019916_14194623.jpg
鮪づくし。まあまあうまい。
d0019916_14201300.jpg
おすすめであるカンパチの握り。確かに旨かったですが、ちと酢飯が
ねっとりしすぎていますね。
d0019916_14234330.jpg
新メニューに挑戦。地元の有名店である山形屋デパートの焼き豚。
ちと甘かった。良くできているのですけれどもね。そこらは土地土地
の好みに合わせなければならないので、私ら観光客がつべこべ言う
ところではありません。
d0019916_14224841.jpg
今回の旅行は色々と当たりだったツアーでした。また来ます。


つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2016-12-25 02:24 | 寿司 | Comments(0)

溝辺カントリークラブでゴルフ。

さて、ゴルフ。晴天に恵まれ気温も18度だそうです。大変暖かい。
目出度い。今回はスイングに一工夫してきました。私のスイングは、
練習場ではまともなのですし、素振りも大変良いのですが、実際の
ショットの際は大変奇妙です。ものすごく力むために、いわゆる明治の大砲
状態。重心が後ろに残って球が前に飛ばずに上に上がってしまって
飛距離が出ないわけです。それを改善しようと今回は、ネットで色々
検索し、足を揃えて始動し、後ろへ一歩踏み出してアドレスし、前へ一歩
踏み出してスイングする、ということを一回も実際の球を打つことも無く
試す、という無謀なことをやりました。つい練習場へ行くのを忘れてしまった
のですね。
さて、ゴルフ。名門溝辺カントリークラブ。
d0019916_14054653.jpg
下はキルティングのズボンですが、上は長袖シャツとセーターのみ。
暖かい。
d0019916_14060503.jpg
着込む連れ。
d0019916_14071569.jpg
はるかに桜島を望む。
d0019916_14080609.jpg
d0019916_14082395.jpg
さて昼食。何はともかくまずビール。
d0019916_14093808.jpg
かごしま空港ホテルだけでは無く、ここもホテルと同じ系列のせいか
食べ物のお味が大変良くなっています。私の鶏のコロコロ焼き。これに
コチュジャンとニンニクを添えて食べる趣向になっていまして、
大変美味かったです。
d0019916_14112224.jpg
連れのチンジャオロースー定食。餃子付き。
d0019916_14132526.jpg
大変満足しました。ゴルフは、と言えば、ドライバーについては
あの打ち方はなかなか良かったでした。私にはありえない飛距離
がしばしば出ましたので、ハワイはこれで行こうと思いました。
アイアンについてはダメでした。課題山積みです。




  1. つぶやき ブログランキングへ

[PR]
by rodolfo1 | 2016-12-24 02:13 | ゴルフ | Comments(0)

かごしま空港ホテルで朝食

さて、恒例の仲良しを済ませまして楽しみな朝食へ。
九州というところはなかなかうまい店がありませんが、例外なく
どんなホテルでも朝食は大したレベルです。しかもこのホテルには
カレーがあります。楽しみ〜。料理色々。名産さつま揚げ。
d0019916_13530126.jpg
パン各種。
d0019916_13534108.jpg
小鉢各種。
d0019916_13542847.jpg
名産からし明太子。
d0019916_13545273.jpg
野菜各種。ここはいつもオクラのとろろがあるのが嬉しい。
ポテサラはマスト。
d0019916_13562075.jpg
取ってきた。もちろんビールつき。
d0019916_13564084.jpg
ここの隠れた名物。奄美鶏飯(ケーファン)。
d0019916_13573606.jpg
このカレーがまたうまくなっていました。具ゴロゴロカレー。
d0019916_13580818.jpg
ではゴルフ場に向かいます。


つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2016-12-23 02:58 | Comments(0)

12月は鹿児島でゴルフ。かごしま空港ホテルで夕食。

さて、12月です。寒さに弱い連れは内地ではゴルフできません。
暖かい九州は鹿児島にお邪魔します。というのも、かごしま空港
ホテルに一泊して名門溝辺カントリークラブでゴルフして三食付いて
二人で39000円、という大変すばらしいお値段のパックを発見した
わけです。以前もこのホテルで宿泊してゴルフしました。このホテルは
鹿児島市内へは絶望的なほど遠いのですが、ゴルフ場へは車でたったの15分
というものすごく恵まれた環境なわけです。唯一の難点は食事。ホテルの
レストランで食べるパックに含まれた料理、というものは例外なく美味しく
ありません。しかもこのホテルには甘い醤油しか置いてなかったわけで
いつもなら普通の醤油を持参するのですが、今回きっちり忘れましたので
かなりげんなりしながら夕食に臨んだわけです。しかもカメラを忘れました
ので、この写真はipadで撮りました。うまく撮れていないのはそのせいです。
夕食はこういうものでした。
d0019916_13400384.jpg
豚小鍋、鰹の刺身と鶏刺し。ポン酢で食べます。さつま揚げ、
とんこつ、レンコンのきんぴら、ごま豆腐、鰆の焼き物。
これがまあまあうまかったわけです。そういえば前回見なかった
コック帽を被った人がウロウロしていたので、この人が監修した
のかもしれませんね。んで満足した連れはエステに参加。私は更に
呑んだくれます。何せね、芋焼酎がこのサイズ(黒伊佐錦)で300円
ですからね。
d0019916_13453825.jpg
魔王が800円だとか。飲まねば損です。
d0019916_13460935.jpg
以前はコースメニューと丼ものだけだったと記憶していたのですが、
単品で色々頼めるようになっていまして、大変使い勝手が良い。
珍味三品。鰹の腹皮と塩辛と酒盗だったですか。どれもうまい。

d0019916_13481002.jpg
べろべろになって帰室しましたとさ。大変よろしかったです。


つぶやき ブログランキングへ
[PR]
by rodolfo1 | 2016-12-22 02:50 | 寿司以外の食べ物 | Comments(0)