タグ:よるのばけもの ( 1 ) タグの人気記事

住野よる作「よるのばけもの」を読みました。

d0019916_20584626.jpg
話題作「きみの膵臓を食べたい」で鮮烈なデビューを果たした住野よる先生の最
新作です。

平々凡々たる安達君ことあっちー君は、ある日以降目が八つ、足六本、尻尾がた
くさん生えてたくさんの黒い粒々をまとった伸縮自在の怪物に、深夜変化するよ
うになってしまっています。

昼間の彼は、矢野さつきを巡って行われているクラス全体からのいじめに対し
て、スクールカーストからおちこぼれることを怖れ、彼女を無視しています。
ところがある夜、怪物の姿で忘れた宿題を取りに学校に向かったところ、学校
にいた矢野に見られ、何故か正体を見抜かれてしまうのです。

矢野は変わった女の子です。いくらいじめられてもにんまり笑いながら毎日登
校し、無視されるのにみんなに挨拶します。会話の句読点が誤っており、怪物
のあっちーを少しも怖れず、夜の一定時間学校に滞在することを、夜休みと称
して週末以外は毎晩通っていたのです。

あっちーと矢野は、訥々とたわいのない事を毎晩話します。しかし昼間は無視
を続けます。そうするうちに、学校にお化けが出るという噂が流れます。あっ
ちー的には、学校へ怪物姿で行くのを止めれば良い話ですが、お化け探しが始
まれば、矢野に行き場がなくなると考えたあっちーは、お化け探しの一行と闘
い、追い払います。ところがスクールカーストは踏み絵を始めます。

矢野に対するいじめを悪化させ、いじめに加わらない生徒にも危害が及び始め
ます。その風潮に乗り、あっちーは矢野の持って来た保健室の先生へのプレゼ
ントを踏み潰します。しかしあっちーは、実は怪物なのです。それを唯一知っ
ている矢野は、あっちーにそんな事をされても、誰にも秘密をばらしません。

夜になってあっちーが謝りに行っても全く彼を責めません。遂にあっちーは思
い切った行動に出るのです。大筋はわかりましたが、全く意味をなさない登場
人物とエピソードが多過ぎますね。住野先生まだお若いですし、無理にお書き
にならないで、今は蓄積されるのも良いのではないかと思いました。



[PR]
by rodolfo1 | 2017-02-08 02:01 | 小説 | Comments(0)