人気ブログランキング |

タグ:寿司 ( 164 ) タグの人気記事

何度も。〇鮨ホノルルにお邪魔。つまみ編。

もう何度目かのお邪魔です。やってまいりました期待の〇鮨です。この頃はコンドのタクシードライバーも場所を覚えてしまっています。外観。
d0019916_06253214.jpg
お花がきれい。きっと奥様の気遣いなのでしょう。
d0019916_06255777.jpg
 今はだれもいないが、後刻当然満席になる。
d0019916_06263676.jpg
2番手の板さん。元はサンフランシスコ在住だったとか。
d0019916_06272083.jpg
ビールでかんぺ~。
d0019916_06291285.jpg
ではつまみスタート。大間のマグロから。
d0019916_06293567.jpg
白エビ唐揚げ。温かい。開店直後に訪れた時は、まだ二番板さんが機能してなくて、温かいものが何も供されませんでした。そゆとこすし善の大丸店みたいだと思ってちょっと嫌な顔をしたのですが、鋭く大将に見とがめられて反撃されました。この頃はすっかり安定しています。安心のうまさ。
d0019916_06314916.jpg
蒸しアワビ肝ソース。これも温かい。うまい。確か初回はこのソースがなかったような。。。
d0019916_06323798.jpg
ホタテの磯辺仕立て。実にうまい。
d0019916_06330515.jpg
アワビ水貝。夏の肴。見立ては金魚鉢で、アワビは砂、イチゴは金魚を現しているそうです。なるほど風雅な。昔はアワビと言えばこの水貝ばかりでしたが、硬くて嫌いでしたね。これはほどほどに柔らかい。さすがの手練。
d0019916_06344528.jpg
水タコ。これも温かい。店でゆでてるんですね。その一手間でお味が全く別物であります。うまい。
d0019916_06360960.jpg
麦焼酎の水割りを貰う。偉い事に最近は必ず水を一緒に頼む。今回のハワイツアーは毎日飲んでいますが、このような工夫のおかげで具合が大変よろしい。
d0019916_06371093.jpg
カナダ海老の揚げ出汁。これも温かくて実にうまかった。また彩りが良い。
d0019916_06395547.jpg
これが本日のつまみの極めつけ。鯛のポン酢和え。しょうがが良いお味。実にうまかった。
d0019916_06405379.jpg
ほたるいか酢味噌和え。
d0019916_06414460.jpg
鯛のアラの炙り。これもまたうまかった。香ばしい。素晴らしい。
d0019916_06420983.jpg
握り編に続きます。



by rodolfo1 | 2018-05-16 02:50 | ハワイ | Comments(0)

2017年12月。○鮨@ハワイにお邪魔。

さて、三回目のハワイ〇鮨にお邪魔します。最初に訪問した時は、まるで札幌大丸店と変わらないネタ揃えでがっくり来たものですが、その後、店主の真価を知りまして、盛んに通うことになりました。なにせここはかのすし匠と違ってネタが日本直送です。従って毎回ネタが変わります。すし匠は三回行きまして毎回同じネタなので、今回予約が取れなかったこともあり、もう行かないだろうと思います。あとはここが頼りであります。よろしくお願いします。
d0019916_06025536.jpg
生ビールでかんぺ~。
d0019916_06050651.jpg
あて。まずは戸井の中トロ。
d0019916_06064369.jpg
お兄さんと大将。一回目の訪問ではお兄さんは全く機能されてませんでしたが、この日は大活躍です。しかも彼は英語が堪能です。まあネイティブレベルではありませんが、大概の魚の英名を述べられます。時々でたらめですが。何ですね。もう寿司屋では日本語で良くないですかね。ケルプ、と言う名前よりも昆布で通じると思います。金目鯛や穴子など英語で言っても通じないでしょう。
d0019916_06184602.jpg
九州かわはぎ。
d0019916_06192819.jpg
肝ポン酢で。
d0019916_06203317.jpg
白エビ素揚げ。
d0019916_06212801.jpg
コナアワビ、肝ソース。コナアワビも進化したものです。以前はアワビと言うよりサイズがトコブシでした。この肝ソースの味付けがまたたまらない。大した名店です。
d0019916_06233436.jpg
貝柱磯辺焼。手渡しで。
d0019916_06263340.jpg
北海道水タコ。塩で。以前はただの生タコでしたが、これはちょっと表面をタレで処理しています。うまい。
d0019916_06280417.jpg
ゲソ焼。ものすごく早く食べる私らに驚いて大将が気を使って出してくれました。
d0019916_06294523.jpg
キス天ぷら。出汁がうまい。
d0019916_06314284.jpg
かに、コハダ、鯛の酢の物。寿司屋が酢の物を出すのは大変珍しい。しかも酢の加減が素晴らしい。これだけ取れば京都の俵屋を凌駕しています。あそこのは酸っぱすぎる。。。
d0019916_06345666.jpg
握り編に続きます。


つぶやき ブログランキングへ


by rodolfo1 | 2018-01-08 02:36 | 寿司 | Comments(0)

2017年、年末、すし処津ごうにお邪魔。

年末になると、スタッフさんが体調を崩すことが多いです。うちはインフルエンザワクチンをスタッフに二回無料で打っていますので、そっちは大丈夫ですが、いろいろありまして、連れはたびたび駆り出されます。というわけで、高槻に存在する唯一と言って良いまともな寿司屋に再びお邪魔しました。店外観。すし処津ごうさんです。
d0019916_11260154.jpg
ビールでかんぺ~。
d0019916_11263216.jpg
突き出しは、なまこ。大変うまい。
d0019916_11270970.jpg
造り盛り合わせ。鯛、まぐろ、ツブ、カンパチ、甘エビ。ここはまじでうまいのです。
d0019916_11290542.jpg
焼き物。ヒラマサの味噌漬け。実にうまかった。
d0019916_11352062.jpg
この日は怖いくらい寒かった。。。麦焼酎中々のお湯割りで一息つく。
d0019916_11300194.jpg
ここから握り。ケンサキイカ。こりこり。
d0019916_11305729.jpg
ひらめ。
d0019916_11314690.jpg
だいぶなじみになってきました。大将。
d0019916_11322556.jpg
炙りキンキ。
d0019916_11331012.jpg
車エビ。
d0019916_11334195.jpg
ここの名物。白子の手巻き。大変うまい。
d0019916_11380845.jpg
茶碗蒸しかにあんかけ。由緒正しい。
d0019916_11385646.jpg
カワハギ肝のせ。大変うまいとしか言いようがない。
d0019916_11395311.jpg
京丹後のまぐろ。とろける。
d0019916_11404597.jpg
穴子。ほくほく。
d0019916_11412709.jpg
カンピョウ巻きで〆ました。
d0019916_11420544.jpg
お椀。ごちそうさまでした。これで二人で12.000円です。通うしかないでしょう。
d0019916_11433242.jpg



by rodolfo1 | 2018-01-03 02:44 | 寿司 | Comments(0)

2017年12月。すし処津ごう@高槻にお邪魔。

さて、この日は二回目の訪問となりました高槻市のすし処津ごうです。
d0019916_12382865.jpg
瓶ビール。
d0019916_12384863.jpg
かんぺ~。グラスが大変良い。
d0019916_12394936.jpg
突き出し。あんきも。
d0019916_12400733.jpg
お造りを取ったのですが、写真忘れ。カンパチ、鯛、ホッキ、本マグロ、サヨリでした。次に新潟ブリのブリ大根。ここはなかなかうまいのです。
d0019916_12422364.jpg
ここから握り。アオリイカ。ぶれぶれスマソ。。。
d0019916_12425567.jpg
真鯛昆布締め。
d0019916_12431309.jpg
炙り金目。いい仕事ですね。
d0019916_12432811.jpg
愛媛のカワハギ肝のせ。大変うまい。
d0019916_12435917.jpg
茶わん蒸し、蟹あんかけ。
d0019916_12442683.jpg
中トロ。
d0019916_12444927.jpg
佐賀コハダ。
d0019916_12450430.jpg
明石のアナゴ。塩。
d0019916_12452661.jpg
たれ。
d0019916_12453837.jpg
北海道の白子手巻き。
d0019916_12460343.jpg
カンピョウ巻き。ここには納豆は無い。
d0019916_12462659.jpg
味噌汁で〆ました。
d0019916_12465581.jpg
相変わらず大変お安い。しかもまあまあうまい。摘みがあまり出てこないところはちと寂しいですが、大変結構でした。また伺います。



by rodolfo1 | 2017-12-20 02:08 | 寿司 | Comments(0)

ランチにすし善大丸店にお邪魔。

さて、朝食があまりにひどかったため、こちらにお邪魔。ランチは長蛇の列なのですが、11時までに入ればたいてい座れるのです。すし善大丸店にお邪魔。
d0019916_14222987.jpg
ビールでかんぺ~。
d0019916_14224108.jpg
ここには大変腕が悪い上にぼったくる若い板前が一人いるので警戒していたのですが、もう辞めになったとのことでした。ありがたいありがたい。
d0019916_14233424.jpg
さて、まずは黒カレイ。いつもの松皮は入荷しなかったそうです。
d0019916_14243987.jpg
ホッキ。さすがに昨日のホッキとは違うが、さすがにすし善。それなりのホッキでした。
d0019916_14251236.jpg
揚げ銀杏。うまい。
d0019916_14252565.jpg
ホヤの塩辛。実にうまかった。さすがは北海道。
d0019916_14260622.jpg
焼酎にチェンジ。
d0019916_14262410.jpg
ニシン。ニシンには胡麻がつきものらしい。大変うまい。さすがは北海道。
d0019916_14271930.jpg
ホッキの貝柱とヒモ焼き。実にうまい。
d0019916_14275923.jpg
ボタンエビ。連れの好物。牡丹海老を生で出すのは北海道だけでしょう。鮮度が違います。
d0019916_14284545.jpg
スルメイカ。
d0019916_14294205.jpg
私にもスルメイカを摘みで。
d0019916_14301832.jpg
炙りキンキ。これはいまいちだったそうな。
d0019916_14303695.jpg
島宮社長。このとおりの方です。
浜中の雲丹。
d0019916_14312562.jpg
私の摘みの最後。ソイ。雲丹乗せと芽ネギ添え。
d0019916_14324532.jpg
いや、今日の板さんは大変結構でした。是非頑張っていただきたいと思いました。


つぶやき ブログランキングへ


by rodolfo1 | 2017-12-04 02:20 | 寿司 | Comments(0)

握り編。2017年11月。すし宮川にお邪魔。

さて、握りに向けてネタがプレゼンされる。
d0019916_13541694.jpg
まずは金目鯛の握りから。ここは新地や銀座やすすきのの寿司屋さんとは違い、お腹一杯食べさせてくれる店であります。連れはこういう店が大好きです。大変うまい。ネタのうまさが普通の寿司ではありません。
d0019916_13545070.jpg
スミイカ。ぷりぷり。身が厚いが柔らかい。
d0019916_13562482.jpg
私は麦焼酎。
d0019916_13564456.jpg
漬けマグロ。漬けの塩梅が素晴らしい。
d0019916_13570146.jpg
コハダ。青味ラブ。
d0019916_13571727.jpg
出汁を含ませたホッキ貝。私、ちとこのネタは苦手なのですが、これは素晴らしい。全く臭みが無く、身が甘い。生涯最高のホッキでした。そういえば連れも苦手だったトリガイを今は無き、すし水谷で食べられるようにしてもらったものでした。この夜一番の寿司でした。
d0019916_13583046.jpg
ガリ、紫蘇、胡麻入りの鯖寿司。もはや様式美ですね。実にうまかった。
d0019916_14000161.jpg
イクラ、新物。連れの作るイクラ並みにうまかった。
d0019916_14003315.jpg
バフン雲丹丼。豊穣。
d0019916_14005910.jpg
カツオ叩き。戻りですね。いいお味。
d0019916_14015363.jpg
車海老。ぷりぷり。
d0019916_14021655.jpg
アナゴ。連れは塩で。
d0019916_14023817.jpg
私はタレで。ほっくほく。
d0019916_14025460.jpg
卵焼き。
d0019916_14034719.jpg
お椀で〆ました。大変満足しました。また来ます。
d0019916_14032449.jpg
おまけ。札幌の夜景。
d0019916_14040799.jpg





つぶやき ブログランキングへ


by rodolfo1 | 2017-12-02 02:58 | 寿司 | Comments(0)

2017年11月。すし宮川にお邪魔。

私らが予約を取れる、あるいは取る気になる数少ないミシュラン三ツ星の店。すし宮川です。
d0019916_13412538.jpg
このお店はやや札幌から遠いので、二巡目にしか入れません。7時半に到着。ビールでかんぺ~。
d0019916_13424050.jpg
まずは白子、出し汁に梅干しとすだちを仕込んだもの。のっけから店の格を知らされます。うまい。
d0019916_13443695.jpg
アマダイ昆布締め炙り。実に手が込んでいてうまい。
d0019916_13451252.jpg
百合根とアサリ餡かけ。青味は芹。百合根が実にうまい。十勝産の月光という百合根だそうです。もともとは台湾のものだったとか。
d0019916_13455366.jpg
真鯛昆布締めポン酢。実にさわやかなお味。
d0019916_13470560.jpg
まだ若い大将。人当たりが実に柔らかい。
d0019916_13473934.jpg
カウンターが実に美しい。
d0019916_13475826.jpg
蒸しエゾアワビ肝ソース。アワビは函館産。ソースが実にうまい。アワビも当然うまい。
d0019916_13485187.jpg
コッペ蟹(雌の松葉がにです。いわゆる香箱がに、という甲羅に足の身をつめたものでした。)スダチと内子のジュレ掛け。北海道でコッペとは珍しいですね。実にうまかった。ソースの工夫も大したものでした。
d0019916_13525889.jpg
さて、握りスタートです。続く。


つぶやき ブログランキングへ


by rodolfo1 | 2017-12-01 02:43 | 寿司 | Comments(0)

梅田、本等鮨、海馬にお邪魔。

さて、本日はブニたん第二弾のコンサートに夕方7時よりお邪魔しますので、5時から夕食では心もとない。通しでやっておられるこちらにお邪魔してみました。堀江で評判の本等鮨、海馬さんの梅田支店です。
d0019916_12290306.jpg
店外観。
d0019916_12292274.jpg
賑やかです。
d0019916_12293523.jpg
さすがに客はこの時間は誰もいない。
d0019916_12295375.jpg
ビールでかんぺ~。サントリー・香るエールだそうです。なるほど香りが良い。
d0019916_12302319.jpg
ここは寿司屋というより寿司居酒屋という感じのお店です。なにせメニューがこんなに多い。ハワイの地元民用の寿司屋はみなこんな感じです。
d0019916_12322888.jpg
刺身も盛り合わせで頼みます。これは五品盛り。炙りサワラ、まぐろ、ケンサキイカ、たい、ほたて。あとから考えればこれが失敗だったのですが、寿司屋に来て刺身を頼まない選択はありえませんからねえ。しかも食べた時は結構うまいなと思っていたわけです。
d0019916_12341201.jpg
連れの好物、さざえのつぼ焼き来る。炎が上がっている。演出的ですね。これもうまい。
d0019916_12350627.jpg
銀杏を頼む。これも結構。
d0019916_12355494.jpg
松茸の茶わん蒸し。なかなかうまい。量があるところが良い。
d0019916_12361517.jpg
思わずわても土瓶蒸しを頼む。ここの出汁はなかなかうまい。
d0019916_12364520.jpg
カマスの幽庵焼き来る。ちとポーションがでかすぎて困惑。味がやや大味。繊細さに欠ける。
d0019916_12380175.jpg
寿司16貫現る。クエ、シマアジ、鯛、炙りカマス、炙り太刀魚、金目鯛。その他は見たとおりの握り。こういう形で供されたわりには握りもまあまあでした。
d0019916_12400775.jpg
かっぱ巻きで〆ました。しかも大変お安い。これだけ食べて場所が富国生命ビルの地下2階で一万円強というのは驚異のお安さです。大変結構でした。と言いたかったのですが・・・連れが夜中から、私は朝方から吐き気に襲われまして、この日の食事で連れと共通のものを食べたのは冒頭の刺身だけでしたので、あれにノロウィルスがついていたと思われます。見ていたところではそんな雑な仕事でもなかったので運が悪かったのでしょう。通しでやっている寿司屋というのはデパートに入っている寿司屋以外はほとんどありませんのでひょっとすると再訪するかもしれません。

つぶやき ブログランキングへ


by rodolfo1 | 2017-11-21 02:48 | 寿司 | Comments(0)

握り編。高槻、すし処、津ごうにお邪魔。

店名の津ごうとは、大将さんのお名前なんだそうです。宮崎出身なんだとか。ハリイカの握り。ここの握りは独特です。サイズは銀座新地サイズ。酢があまり効いていなくて少しシャリは粘っています。砂糖っ気が無いのは私らにはとても良い。なぜかワサビが入ってない。特にワサビの要不要を訊ねられるわけでもない。
d0019916_15224282.jpg
徳島のヒラスズキ。でもなかなかうまい寿司です。特に当地高槻は寿司屋が全滅状態でしたので、ここを発見できて大変うれしいです。
d0019916_15254384.jpg
和歌山のアジ。なかなか良い感じ。
d0019916_15261184.jpg
北海道のブリ。産地にこだわる大将さんです。切っつけが美しい。
d0019916_15263286.jpg
赤身の漬け。良い仕事。
d0019916_15272357.jpg
鱧入り茶碗蒸し。なかなか良い。甘栗が入っていないと言って泣く道民の連れ。
d0019916_15274393.jpg
〆サバ。青い魚が大好きです。
d0019916_15284422.jpg
中トロ。やはりトロはいただきたい。
d0019916_15290218.jpg
北海道のタラ白子。手巻きスタイルで食べるのは、というか、寿司ネタの白子は珍しいですね。うまかった。
d0019916_15294471.jpg
アナゴ。ほくほく。
d0019916_15300056.jpg
私は煮ツメで。
d0019916_15302790.jpg
干瓢巻き。これだけなぜかワサビが入っている。
d0019916_15305133.jpg
シマアジの赤だし。
d0019916_15311115.jpg
連れはお茶。いやけっこうでした。かならず再訪します。来年からは日曜日も休まれるそうです。
d0019916_15314852.jpg
つぶやき ブログランキングへ


by rodolfo1 | 2017-11-14 02:31 | 寿司 | Comments(0)

高槻、すし処、津ごうにお邪魔。前編。

さて、本日は、最近発見した高槻の寿司屋を試そうと思いました。センター街を抜ける。
d0019916_15135714.jpg
店外観。もう4年もやっておられるのだとか。日曜も営業されておられますが、本年度はもう日曜日の予約が取れない有様。人気店なのですね。
d0019916_15153547.jpg
明朗会計。この他に刺身盛り合わせ一人前が1.500円で頼めます。
d0019916_15162137.jpg
ビールは瓶のみ。
d0019916_15163837.jpg
かんぺ~。
d0019916_15165224.jpg
実に良いグラスです。持ち手のところがへこんでいて持ちやすい。わかるかな。。。
d0019916_15171757.jpg
突き出し。静岡の生シラス。うまい。良店の予感。
d0019916_15182242.jpg
まだ若い大将。
d0019916_15183412.jpg
中々のお湯割り来る。この日は寒かった。。。。
d0019916_15185985.jpg
お造り。マグロ、甘海老、イサキ、カンパチ、炙りホタテ。なかなか良い。
d0019916_15193598.jpg
焼き物。メジロの味噌漬け。メジロとはハマチとブリの中間のものなんだそうです。
d0019916_15204624.jpg
握り編に続きます。

つぶやき ブログランキングへ


by rodolfo1 | 2017-11-13 02:21 | 寿司 | Comments(0)